1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. "次世代デニム"『Lee/kurkku』プロジェクト始動!

プレスリリース

2010年7月5日

"次世代デニム" 『Lee/kurkku』プロジェクト始動!

  • 第1弾は、プレオーガニックコットン100%生地を使い、INKMAX染色技術を採用。
  • 化学薬品の使用を減らし、製造時の水使用量も1/10に。原料から製造まで一貫した環境対策を実現。

最新のプリント技術で、デニムの色落ちやダメージ感、裏地までを完全再現 

株式会社エドウイン傘下のリー・ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:常見 修二)と、株式会社クルック(本社:東京都渋谷区代表取締役:小林武史)及び、インドコットン農家のオーガニック栽培への移行を支援するプレオーガニックコットンプログラム事務局(運営:株式会社クルック・伊藤忠商事株式会社 繊維カンパニー)は、Leeブランドとkurkkuブランドで協業し、超微粒子インクを用いたINKMAX染色技術と、通常のコットン栽培からオーガニック栽培への移行に必要な3年間に収穫される、無農薬で栽培されたコットン、プレオーガニックコットン(以下、POC)100%生地を採用し、コットン栽培からデニムの製造まで一貫した環境対策を実現した"次世代デニム"『 Lee/kurkku 』プロジェクトを始動致しました。製品はレディースアイテムが2010年10月下旬、メンズアイテムが11月下旬の発売を予定しております。

Lee × kurkku

『Lee/kurkku』プロジェクトとは

コットン栽培からデニム製造まで一貫した環境対策

デニムの原料となるコットンを、全てプレオーガニックコットンを使用することで、インドコットン農家のオーガニック栽培への移行をサポート。製造面では、インディゴ染料を使わずにINKMAXプリントを施す為、化学薬品の使用量を抑えることが可能。デニムは中古加工を施す際、脱色や染色、風合い出しの為の様々な薬品や、平均して一本当たり100〜150リットルの水を使用するところを、水使用量を10分の1以下の10〜15リットル以下に抑えることを実現いたしました。

ディテールにこだわった、まったく新しいデニム

『 Lee/kurkku 』プロジェクトのデニムにプリントされるデータは、全て実際のデニムをパーツ 単位まで分解したものをデータ化。それぞれのパーツごとにプリント・裁断・縫製を行います。 これによりポケットやベルトループまで再現が可能となりました。その他、ダメージの風合いや 裏地までプリントにこだわることで、今までの平面的なプリントデニムとは異なった、 まったく新しいデニムが完成いたしました。

INKMAXとは
INKMAXはポリマーコートナノサイズ水性顔料インクuni COLOR inkを使用して繊維に着色する新しい技術。uni COLOR inkはインク顔料を従来の約4分の1という超ナノサイズにまで微細化し、一粒ずつ特殊ポリマーでコーティング。それによりインク同士、また繊維に対して強い固着力が生まれ、ゴワつきや色褪せ・変色・かすれの問題を解決し、薄く繊細、それでいてしっかりと繊維に固着。とは生地の風合いを損なわないプリントを実現。
プレオーガニックコットンプログラムとは
プレオーガニックコットンプログラムとは、株式会社クルックと伊藤忠商事株式会社繊維カンパニーが共同で企画・運営を行なう「インドコットン農家のオーガニック栽培への移行を支援するプログラム」。インドのコットン農家がオーガニック栽培に移行するため、3年間移行期間中のコットンにオーガニック栽培支援費を付けて購入、有機農法の指導やオーガニック認証の取得サポートを行うことで、農薬や化学肥料による環境被害、健康被害、農薬コスト増による農家の経済的負担などの悪循環を断ち切ることを目指す活動。
『 Lee/kurkku 』プロジェクト アイテム展開
アイテムメンズ 5アイテム、レディース12アイテム
価格12,000円~16,000円
サイズメンズ:S/M/L 、レディースXS/S/M
原産国日本
取扱店舗直営店・セレクトショップ・百貨店等
発売日メンズ:11月下旬予定、レディース:10月下旬予定

小林武史氏と細川秀和氏のメッセージはこちら