1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 2011年8月26日・27日・28日

イベントレポート

2011年8月26日・27日・28日

GOOD DESIGN EXPO 2011 レポート


8月26日(金)から28日(日)の3日間、東京ビッグサイトにて日本デザイン振興会が主催する
「グッドデザインエキスポ2011」 が開催されました。

会場入り口

グッドデザインエキスポは、グッドデザイン賞二次審査会終了後の会場を公開して行う10年前から開催されているデザインイベントです。東京ビッグサイトの巨大な空間に、約3,200点の応募作品の中から書類選考を通過した身近な生活用品から乗用車や建築まで、私たちのくらしと社会をとりまく、ありとあらゆるデザイン約2,000点(国内外の企業・団体、教育機関など約1,000社)が一堂に会しました。

会場写真_001会場写真_002

会場写真_003会場写真_004

プレオーガニックコットンプログラムでは、情報機器のデザインやコミュニケーションデザイン等40部門あるGOOD DESIGN賞の中から、【ビジネスモデルのデザイン】部門に応募。一次書類審査を経て、二次審査のブース出展を行いました。

POC展示ブース
POC展示ブース


【ビジネスモデルのデザイン】部門では、利益を生み出す事業戦略と収益構造のデザインを、「そのビジネスモデルによる事業戦略性」、「その収益構造の新規性、独創性、優位性、社会性」の視点のもと、審査されます。
展示ブースでは、POCPwebのトップページでもご覧頂ける「プレオーガニックコットンのアニメーション」や、審査基準に合わせて制作した「プレオーガニックコットン 3つのビジネスモデルの特徴」をスライドショーにして上映しました。

会場写真_005会場写真_006
一般公開では、沢山の方に足を留めて頂きました。



会場をぐるりと歩いてみると、今年の見所のひとつ、直径7mのLEDインスタレーション「GOOD GLOBE」が、会場中央、メインステージ頭上に輝いてました。

GOOD GLOBE_01

この「GOOD GLOBE」は、14,000個ものLED球を球形に形づくったもので「みんなの希望や未来への思いが集う場」を象徴しているそうです。このインスタレーションの消費電力はわずか890Wで、家庭用ルームエアコンと変わらない電力だそう。驚きですね。
グッドデザインエキスポ2011では、展示照明のLED化や省電力化を進め、会場全体の電気使用量は前年比53.6%減を実現しているとのことでした。

GOOD GLOBE_02

予想来場者数、45,000人(昨年実績:計44,325人)という、アジア最大規模のデザインイベントに参加でき、沢山の方々にプレオーガニックコットンプログラムを知って頂く良い機会になったと思います。

グッドデザイン賞公式受賞年鑑とトロフィー
グッドデザイン賞公式受賞年鑑とトロフィー



「グッドデザインプレゼンテーション」として2001年に始まった二次審査会場の一般公開も今年で10年目ですが、「グッドデザインエキスポ」として開催されるのは今年が最後だそうです。
2012年からは開催時期を秋に変更し「グッドデザイン賞受賞展」として開催されるということなので、来年からの新たな展開も、今から楽しみです。